信頼関係を築く

男の人

うつ病においては脳内の神経伝達物質の減少が原因であることから病院において治療を受けます。ただ、何が原因でそのようになったかを把握するために、しっかりとコミュニケーションを取る病院を選ぶことが大事なことであると言えます。

休養と投薬治療

レディ

うつ病はストレスが原因になっていることが多いため、しっかり休養することが大切です。医療機関では抗うつ薬を使用して、脳内物質のバランスを調節します。また認知行動療法などのカウンセリングも治療方法のひとつです。

早めに気づいて対処しよう

ナース

特徴的な症状

うつ病は現在日本で大きな社会問題となっています。他人事のように思う人も多いかもしれませんが、自分が接している人の中にこの病気で苦しんでいる人が居る場合も十分あり得ますし、自分自身が病気を発症する可能性もあります。決して他人事ではありません。うつ病は突然発症するわけではありません。発症する前にはいくつかの特徴的な症状があらわれます。その症状日早く気づき、適切な対処をすることが病状を悪化させないための最善の方法です。最も象徴的N症状が抑うつ気分と呼ばれる精神状態です。私たちは日々の生活において気分が落ち込むような経験や体験をすることが多々あり、そんな時には気分が落ち込みます。しかし、それは一時的なもので時間が経過すれば気分の落ち込みは無くなるものです。ところがうつ状態やうつ病を発症すると気分が落ち込んだ状態からなかなか抜けることができません。気分が落ち込んだ状態が二週間以上続いている場合は危険信号だと言われています。更に気分が落ち込む原因がはっきりしている場合はただのうつ状態ですが、うつ病の患者さんに診られる共通の特徴として、気分が落ち込む原因がよく分からないというのがあります。特に悲しい体験や経験をしたわけでもないのに頻繁に突然スイッチが入って気分が落ち込んだり涙が出そうな気分になる場合はすでに病気を発症している可能性があります。病院に行くことを検討した方が良いかもしれません。物事に対する意欲の低下もうつ病の患者さんに診られる点滴停な特徴の一つといえます。私たちはごく当たり前のように毎日学校や会社に通っていますが、うつ病を発症すると今まで普通にできていた学校や会社に通う事はおろか普段の家事や食事でさえも意欲が無くなり億劫になります。特に特徴的といえるのが趣味に対しての意欲です。私たちはどれだけ気分がいちこんだ状態でも好きなものに対しての意欲が減退することは基本的にありません。気分が落ち込んだ時に自分が好きな趣味に没頭することはとても効果的な改善方法です。ところが鬱を発症して意欲が減退すると、自分が好きなものであるはずの趣味に関してすら全く興味を示さなくなります。気分が落ち込み、趣味にすら関心が持てなくなった場合は一刻も早く病院に行った方が良いでしょう。また、身体的あ症状が出ることも多いです。最も多いのが睡眠に関する不調ですうつ病になると言い知れない不安や悲しみによって脳が休まらないため、なかな眠ることが出来なかったり、眠れても途中で目が覚めることが多くなります。

心の病は増加しています

カウンセリング

うつ病等の心の病を患う人が増え続けています。自覚症状がある場合や周囲の人から指摘されたら、まず精神科や心療内科等の専門医に相談する事が必要です。薬物療法や心理療法等による適切な治療を受ければ、数ヶ月で回復させる事も可能です。

病気と上手に付き合う方法

男性

抗うつ剤のイメージは副作用などがひどく高額なお薬でしょう。しかし脳の機能を正常化して、うつ病の症状を和らげる為には欠かせないお薬です。正しい知識と服用で確実に症状が回復するため、副作用におびえずにまずはしっかりと飲み続ける事が重要でしょう。