ドクター

病気と上手に付き合う方法

男性

薬の正しい知識と服用方法

うつ病は現代社会でも多くの人が抱える病の一つです。様々な症状があり治療方法も人によって違います。大切なことは、本人が病気であるという自覚はもちろん、周囲のサポートや理解を得る事です。例えば初期症状として、気分がふさぎがちになったり、元気が出ないなどの症状があります。進行していくと自分自身の言動をコントロールすることが難しくなるので、早めに治療を開始することも大切です。精神科などの専門的なクリニックを受診する必要があり、薬の服用が主な治療方法です。代表的な薬として抗うつ剤があげられますが、副作用の心配などをする人もいます。薬は病の症状を和らげる効果のある薬で、正しい服用方法を守れば症状を改善できます。また、うつ病は心の病ですがその原因に脳が深く関係しています。脳機能を正常に戻すためにも薬は大切な存在です。不安やストレスで、不眠症状に悩まれる患者さんが多いのもこの病の特徴です。抗うつ剤を服用することで、夜も安心して睡眠をしっかりとる事ができます。睡眠が十分とれる事で脳機能も回復して、症状が落ち着くなどの効果があります。病気の治療に欠かせない抗うつ剤の影響で一時的に、不安感が強くなったり興奮しやすいなどの症状が出る場合もあります。副作用などで苦痛に感じる場合は、医師と相談をしてお薬の調整もできるので安心です。お薬の効果はゆっくりと長く続く為、治療中はすぐに効果を実感できないとしても、しっかりと飲む事が重要です。うつ病の治療では薬を飲み続ける事が大切ですが、医療費の負担も考える必要があります。最近では抗うつ剤として安価で購入ができるお薬もあるので、お薬選びも工夫をすると良いでしょう。また最近人気の抗うつ剤のタイプは、成分も体に良いものばかりなので安心して服用できます。このように病気の原因になる脳の成分や、心身に出てくる症状をお薬を利用して抑える事が回復への近道といえます。抗うつ剤は、体が慣れるまで時間がかかりますが根気強く続ける事で効果を実感できます。またあまり効果を感じられないからと言って、勝手に料を増やしたりすると、副作用がひどくなるので避けるべきでしょう。決められた容量と、飲み方をしっかり守る事で徐々に効果を実感できます。更に症状がおさまってくるとお薬の量を減らすという治療方法にも入れます。薬が減量すると負担も軽くなり症状も落ち着くでしょう。しっかりと病を治すためにも、正しい薬剤の付き合い方が重要になります。薬と上手に付き合う事で症状が改善される可能性の高い病気です。正しい知識を身に着けて、休養と投薬を続ける事で脳の機能が回復し症状も落ち着いてくるでしょう。お薬があることで入院などをしないで、自宅療養できる点も投薬治療の良い部分でしょう。病への偏見などがなくなるためには、病の原因は脳の機能にもあるという事をしっかりと説明をすることが重要です。