ドクター

信頼関係を築く

男の人

サポートの重要性

うつ病では何をしていても楽しくないという症状や睡眠障害が継続して起こります。これらの症状は脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの分泌が減少することで発生します。つまり、症状を改善するためにはを脳内の神経伝達物質の分泌を元に戻す必要があります。そのために医療機関の受診が必要となります。うつ病になったときには心療内科を受診します。病院の選び方において大事なことは、患者の話をよく聞くかどうかということが挙げられます。うつ病の原因は脳内の神経伝達物質の減少で、それを回復するために薬剤を使用します。ただ、大事なことはなぜそのような状態になったかという原因を知ることです。職場環境などによるストレスが原因のこともあり、人によってさまざまです。それを知ることがまずは大事です。治療は一度や二度の通院で改善するものではなく、ゆっくりと時間をかけて行います。そのため、医師との信頼関係を築くことも重要です。ただ診察をして薬を処方するのではなく、しっかりとコミュニケーションを取る病院を選ぶことがポイントです。薬を飲むことで時間の経過とともに症状が改善したとしても、原因と考えられる環境が改善していなければ同じことを繰り返す可能性があります。再発を防止する観点からも原因を医師が知ることは大事です。また、患者の気持ちに寄り添うことができる医師を選ぶことも大事です。例えば薬を処方するときに、それがどういう薬であるのか不安に感じる患者もいます。そのようなときに医師から丁寧に薬について説明をすれば安心して服用することができます。特にうつ病の場合、薬を服用することに不安を感じると、効果にも影響を与えることがあるので患者が安心して服用できるサポート体制が整えられていることが重要です。うつ病では症状に波があることも珍しくありません。比較的良好であったにも関らず、急に調子が悪くなることもあります。そのような場合にすぐに診察してくれることもポイントです。病院によっては急な対応ができないということもあります。ただ、うつ病においては本人の意志だけでなく、医師をはじめとする周囲のサポートも必要なので、こまめに対応してくれる病院がいいと言えます。医師の経験もポイントです。経歴が長いとそれだけさまざまな症例に対応していると言えます。病院がホームページを開設しているならば、ホームページで医師の経歴などを確認するとともに、口コミ情報を参考にすることもひとつの方法です。